top of page

3月5日(土)はたけの交流会@小田原の報告

日ごとに春の訪れを感じる今日この頃です。 先日開催した「はたけの交流会」の模様を当会サポーター啓吾くんが素敵な文章にまとめてくれましたので紹介します。 啓吾くんのレポに合わせて、当事者サポーターの嘉子ちゃんと愛梨ちゃんが写真を選んでくれました。みんなありがとう! 鈴木さんご夫妻には場所の提供から準備まで大変お世話になりました。 また鈴木さんと私たちを繋いでくださった友紀さんに心から感謝します🍀

 

【サポーター啓吾くんより】 青空と温かいそよ風に恵まれた3月5日、「はたけの交流会」を実施しました。 当会運営委員の浜田友紀さんが普段から行き来している小田原の畑にて、みかんの収穫をした後、参加者7人で五目おこわ等の料理をいただきました。

ここの畑は、鈴木ご夫妻によって管理されており、浜田さんを含めた色々な方が野菜や果物、植物の栽培を楽しんでいる場所です。周りを見渡すと、相模湾や秦野が一望でき、最近ではNHKドラマの撮影も行われました。


私たち参加者が到着すると早速、鈴木さんにみかんが成っている木々へと案内してもらいました。植えられていた品種は清見(きよみ)。甘さと酸味がちょうど良いのが特徴です。 「青空の下で食べるとより美味しさが増すね」との声も聞こえてきました。

ハサミやかごの使い方を教えてもらい、収穫作業の開始です。 はじめは手つきがおぼつきませんでしたが、徐々にペースを上げていきました。 みんなで協力して進め、最終的にはカゴ5杯分ほどのみかんを収穫することができました。


軽く汗をかいた後は、食事の時間です。手作りの五目ご飯や豚汁などが机に並びます。美味しい料理をいただきながら、小田原の歴史などのお話も鈴木ご夫妻から伺うことができました。


自然と大地の恵みに触れるとても貴重な機会となりました。 私達の言葉にも耳を傾けてくださった鈴木ご夫妻には、この場を借りて改めてお礼申し上げます。



閲覧数:83回0件のコメント

Comments


bottom of page