top of page

ARTham Therapeutics(アーサムセラピューティクス)株式会社 ART-001 第2相臨床試験(治験)について

希少・難治性疾患領域の中間機関であるNPO法人ASrid さんからの情報共有です。


ARTham Therapeutics(アーサム セラピューティクス)株式会社が現在開発中の、低流速型脈管奇形(静脈奇形、リンパ管奇形(リンパ管腫)、クリッペル・トレノネー症候群)のPI3Kα阻害薬ART-001について、2021年8月より患者当事者を対象として第2相臨床試験(治験)が開始されたそうです。 詳細は以下の資料を御覧ください。

ART-001の紹介資料_final_20210928
.pdf
Download PDF • 1.64MB

【同資料より抜粋】


ARTham Therapeuticsアーサムセラピューティクスは、未だ⼗分な治療法が確⽴されていない病気を有する患者さんへ真に有効な治療薬をお届けすることを⽬的とした創薬バイオベンチャーです。2018年に武⽥薬品出⾝の研究者たちが中⼼となって、横浜市に創業しました。私たちは、⾰新的な医薬品の研究開発を通して、患者さんやそのご家族のための価値を創造して参ります。

資料、ならびに治験に関するお問い合わせは、NPO法人Asridさんまでお願いします。

閲覧数:123回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「リンパ管奇形に対する越婢加朮湯の効果を評価する臨床研究」の臨床試験(医師主導の特定臨床研究)について

血管腫・血管奇形の患者会 さんからの情報共有です。 広島大学病院漢方診療センター長小川恵子先生のグループが現在リンパ管腫(リンパ管奇形)に対する越婢加朮湯の効果を評価する臨床試験の参加者を募集しています。 詳細は以下のPDFを御覧ください。 臨床試験の参加条件に関し、当会より3点ほど質問したところ、以下の通り回答を頂きました。 小川先生の承諾を頂きましたので掲載します。 Q:治験参加者は広島

Comments


bottom of page