top of page

シロリムスゲル臨床試験について

治験情報の共有です。 研究代表者の和歌山県立医科大学皮膚科神人正寿教授より、以下のご案内がありました。


「脈管異常の皮膚病変に対するシロリムスゲルの多施設共同、プラセボ対照、二重盲検、無作為化、並行群間比較医師主導第II相治験」ですが、現在4施設(虎の門病院、岐阜大学、和歌山医大、熊本大学)での受け入れが可能となりました。しかし、まだ50人の患者さんを集める目処がたっておらず、このままでは試験終了が不可能な見通しです。

シロリムスゲルを保険で、また4つの疾患以外の他の血管腫血管奇形の患者さんにも使用できるようにするには、今回の第II相治験のあと、より大規模な第III相治験を行う必要があります。まずはその一歩として今回の治験を速やかに治験を終わらせて次の段階に移るべく、患者会のみなさまのご協力がどうしても必要と考えております。
どうか、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

本治験に関するお問い合わせは、wakayama.dermadream@gmail.comまでお願い致します。 当会も協力致しますので、うちへご連絡頂いても大丈夫です!

閲覧数:81回0件のコメント

最新記事

すべて表示

血管腫・血管奇形の患者会 さんからの情報共有です。 広島大学病院漢方診療センター長小川恵子先生のグループが現在リンパ管腫(リンパ管奇形)に対する越婢加朮湯の効果を評価する臨床試験の参加者を募集しています。 詳細は以下のPDFを御覧ください。 臨床試験の参加条件に関し、当会より3点ほど質問したところ、以下の通り回答を頂きました。 小川先生の承諾を頂きましたので掲載します。 Q:治験参加者は広島

希少・難治性疾患領域の中間機関であるNPO法人ASrid さんからの情報共有です。 ARTham Therapeutics(アーサム セラピューティクス)株式会社が現在開発中の、低流速型脈管奇形(静脈奇形、リンパ管奇形(リンパ管腫)、クリッペル・トレノネー症候群)のPI3Kα阻害薬ART-001について、2021年8月より患者当事者を対象として第2相臨床試験(治験)が開始されたそうです。 詳細

bottom of page